• ホーム
  • >
  • ひょうご共済のこと
  • >
  • ひょうご共済について

ひょうご共済について

ひょうごの中小企業が互いに支え合う共済

ひょうご共済(正式名称:兵庫県共済協同組合)は、昭和34年、中小企業等協同組合法に基づき、兵庫県の認可により設立された兵庫県内中小企業のための共済組合です。
ひょうご共済は、主に兵庫県内の中小企業を支援するための団体である、商工会議所・商工会・協同組合などを、ひょうご共済の取扱窓口として、兵庫県内の中小企業の皆さまが事業活動を行なうにあたって必要とする補償を提供することにより、加入事業所に生じるリスクを最小限にとどめ、その後の事業活動を円滑に進めるためのサポートをすることを目的としています。

ひょうご共済の沿革

昭和34年11月6日 兵庫県火災共済協同組合設立
昭和53年3月25日 兵庫県経営者共済協同組合設立
平成15年4月1日 兵庫県経営者共済協同組合が兵庫県共済協同組合に名称変更
平成26年10月1日 兵庫県火災共済協同組合と兵庫県共済協同組合が合併

「県共済」から「ひょうご共済」へ

兵庫県共済協同組合は、長きに渡り「県共済」の愛称で、皆さまにご愛顧いただいておりましたが、地元「ひょうご」とその「ひょうご」で活躍する中小企業のもっと近くにあり、もっと貢献する共済組合でありたいとの思いから、愛称を「ひょうご共済」に変更し、あわせて新しいマークも制定しました。

新しいマークは、ひょうご共済のイニシャルの「H」をデザインし、「もっと“ひょうご”の中小企業のために」という、われわれの熱い気持ちを表現する色である赤色を内側に、外周に「“ひょうご”の中小企業を補償でサポート!」を表し加入者の皆さまを鋼のように強靭なサポート力で守っていきたいとの思いからシルバー色を採用しました。

ひょうご共済は、兵庫県内に事業所がある中小企業(法人・個人事業主とも)を中心に加入できる共済組合です。初めて加入いただく中小企業の方は、ご契約時に出資金として200円をお預かりすることにより、ひょうご共済の組合員として弊組合の各種補償制度をご利用いただくことができます。

※中小企業基本法における中小企業者の範囲

業種 中小企業者(下記のいずれかを満たすこと)
資本金の額又は
出資の総額
常時使用する
従業員の数
①製造業、建築業、運送業
 その他の業種(②〜④を除く)
3億円以下 300人以下
②卸売業 1億円以下 100人以下
③サービス業 5,000万円以下 100人以下
④小売業 5,000万円以下 50人以下

出資金について

ひょうご共済をご利用いただくには、まず、ご出資いただいたうえで、ひょうご共済の組合員になっていただく必要があります。出資金とは、協同組合が事業を運営するためや組合員の皆さまに新たな共済制度・サービスを提供するための基金で、一般企業の資本金に当たるものです。
ひょうご共済の場合、100円が出資金1口あたりの単位で、組合規定により、2口(200円)以上のご出資をお願いしております。(初めてひょうご共済をご利用いただく場合のみ)
また、自動車共済にご加入いただくには、西日本自動車共済協同組合の組合員にもなっていただく必要があります。西日本自動車共済の場合、1000円が出資金1口あたりの単位で、1口以上のご出資をお願いしております。(初めて西日本自動車共済をご利用いただく場合のみ)